イメージ

土地家屋調査士会とは

土地家屋調査士、不動産登記の専門家です。
 土地家屋調査士は、国民の皆様の大切な財産である、土地や建物の所在・種類・ 面積等に関して、公正中立の立場で調査・測量し、図面を作成、法務局(登記所) に申請手続きを行います。

土地家屋調査士の主な業務

土地に関するもの

  • 境界確認
  • お隣との境界が不明なとき。
    公道(道路)との境界が不明なとき。
    様々な資料を調査し、測量した後、隣接所有者との立会を行い、境界を確認します。
  • 面積確定
  • 自分の土地の面積をハッキリさせたいとき。
    登記簿(登記済証・権利証)等に記載されている面積が、実際の面積と違うとき。
  • 土地表示登記
  • 土地の払い下げを受けたとき。
  • 土地分筆登記
  • 1筆の土地を2筆以上に分けたいとき。分割して売買、譲渡するとき等。
  • 土地合筆登記
  • 2筆以上の土地を1筆にまとめるとき。
  • 土地地目変更登記
  • 田、畑等を造成して宅地などにしたとき。
  • 土地地積更正登記
  • 登記簿上の面積と、実測の面積が異なるとき。

建物に関するもの

  • 建物表示登記
  • 建物を新築したとき。
    土地家屋調査士は、建物表示登記を通じ、住宅ローン契約の完成に寄与しています。
  • 建物表示変更登記
  • 建物を増築したとき。
    附属建物(車庫、倉庫等)を新築したとき。
    建物を増築、取壊しなどにより、床面積が変更したとき、等。
  • 建物表示更正登記
  • 登記簿上の間違いを正しくしたいとき。
  • 建物滅失登記
  • 取壊しなどで、建物が無くなったとき。
ページ先頭へ