土地家屋調査士とは?

わたしたちの使命

土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記及び土地の筆界を明らかにする業務の専門家として、不動産に関する権利の明確化に寄与し、もって国民生活の安定と向上に資することを使命とする。

私たちの業務

1

不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること

土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量を行う専門家として、不動産(土地又は建物)の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を行います。

2

不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること

不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられています。そこで土地家屋調査士は、依頼人の求めに応じて不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行います。

3

不動産の表示と登記に関する審査請求の手続について代理すること

審査請求とは、不動産の表示に関する登記についての登記官の処分が不当であるとする者が(地方)法務局長に対して行う不服申立てをいいます。

4

筆界特定の手続について代理すること

筆界特定の手続とは、土地の所有者の申請により、登記官が、外部の専門家の意見を踏まえて筆界を特定する制度における手続をいいます。土地家屋調査士はこの代理業務を行います。

5

土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること

この業務については、民間紛争解決手続代理関係業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した土地家屋調査士(ADR認定土地家屋調査士)に限り、弁護士との共同受任を条件として、行うことができる。(土地家屋調査士会が運営する境界問題相談センター(ADRセンター)は全都道府県50か所に設置されています。宮崎県では「境界問題相談センターみやざき」で行われています。)

こんなときは、土地家屋調査士へ相談してください

境界線をはっきりさせたいとき!

  • お隣と境界線でもめた!
  • 土地の売買時に境界線がはっきりしない!
  • 建物を建てる時に隣との境界線が分からない!

土地を分割したいとき!

  • 相続で土地を分割したい!
  • 土地の一部を売却したい!
  • お隣への越境部分を相手に渡したい!

新築・増築を行ったとき!

  • 自宅を新築した!
  • 2階建てに増築した!
  • 古くなった自宅を取り壊した!

土地の利用状況が変わるとき!

  • 畑や山林など造成して宅地に変更したい!
  • 建物を壊して駐車場にしたい!
  • 林政つする所有地を1つにまとめて売却したい!